キャッシングも即日審査できる時代

キャッシングも即日審査できる時代

私が利用した銀行のキャッシングは審査が非常に早く、本当に必要な金額だけの借入ができました。私は最初からローン契約機で手続きをしたのですが、早い時間に手続きを初めて、仮審査はすぐに通過しました。入力したのは氏名、住所、年収などでした。収入は私が利用したいと思っていた金額が10万円だったために収入証明書は必要なく、書類の用意も少なくて済みました。

 

収入は300万円はあったので特に借り入れができなくなることはないと思いましたが、やはり不安は残りました。借金は初めてだったのでどうすればよいかもわからずにとにかく情報を入力していきました。本審査の結果が出るまではただ待つだけで、審査の結果が分かってからはすぐに借り入れができました。返済についてはローンカードが郵送されてからということになりました。

 

実際すぐに返済はできなかったので良いですが、その場でカードが受け取れないというのが驚きました。しかし、よく考えてみれば実際の住所の確認ということも含めての郵送だったような気もします。借り入れが利用できるようになってから色々と調べてみると、一番影響するのは収入のようでした。

 

その次に信用情報をチェックされているようで、支払いの延滞や滞納があると借金の利用は難しくなるということでした。即日で借り入れまでできてしまったのでそこまで調べるのが後になってしまいましたが、お金の支払いはしっかりしていたのでかなり安心しました。銀行でのキャッシングをする時には日頃の行いがしっかりチェックされるようでした。

 

銀行系のカードローンやキャッシングは、主に保証会社の審査に通過しないと利用できません。その保証会社は消費者金融大手の会社である場合が多く、機関保証としての役目も担っています。そのため、すでにその会社のキャッシングやカードローンを利用していると少し審査に時間がかかることもあり、申告ミスがあったり、過去に滞納や延滞があればそれだけで審査に不利になります。

 

大手の消費者金融は様々な会社を吸収合併して大きくなったような節もあるため、個人情報をチェックする力も十分持っています。銀行系のサービスでもキャッシングに頼る場合には、機関保証の会社やそれに関連するサービスを利用していたかどうか、また今現在利用しているかどうかを確かめておきましょう。

 

意外と忘れてしまっているのが他行からの借入件数や金額です。借入金額は大まかな金額で済むのですが、借入件数ははっきりと申告しなければいけない場合が多いです。また、この深刻では契約はしていても借り入れはしていない会社についての判断が分かれるので、申告するときに困ってしまうこともあります。

 

基本的には契約数ではなく、借入をしている会社の数を申告しておけば審査に悪影響はないです。もし不安がある場合には、銀行員に聞いたり、ローン契約機に備え付けられている電話で質問してあいまいにしないほうが良いです。

 

銀行のキャッシングを頼る場合、自己管理は特に重要です。借り入れも返済も、公共料金の支払いなども合わせてしっかり支払いができていなければ審査に通過するのは難しいので、手帳やスマホの機能なども使って最低限の自己管理をしておきましょう。

 

特に支払いについて遅れが出ていると大きな問題になりやすいので十分注意が必要です。銀行や消費者金融の借入・返済だけではなく、自動車ローンやクレジットカードの支払いでも遅れがあれば問題になってしまいます。余計なトラブルにならないように、少しでも信用情報は問題ない状態にしておくようにしましょう。

 

公共料金などは3か月以上連続で対応すると問題になるといわれていますが、借金についてはそこまで猶予はなく、1日の遅れでも記載されてしまいます。甘く考えずに申告に手続きや生活管理をして、自分自身を不利な状況に置かないようにしてください。

お役立ちサイト

  • 学生ローン

    学生ローンのメリットやデメリット、利用する際の注意点や実際にお金を借りた体験談など。